気圧の低下による不調に

7月にはいって、早速台風が接近しています。

お店を開けたのはいいけど、身体がだるく、完全にスイッチオフ。

めまいまでしてきます。

やらなくてはいけないことがあるのに・・・


疲れかな、と思って、ベルガモット精油の香りをくんくんしたところ、だんだん頭がすっきりしてきました。


お昼すぎに帰宅した試験期間中の姪が、

台風のせいで友だちがみんなだるいって言ってる・・・とのこと。

そういえば、私も女子でありました・・・。

気圧の低下により体調不良になるのは女性が多いので、「低気圧女子」という言葉もあるくらい。

加えて、私は聴覚にも異常がありますので、気圧の変化には敏感なようです。


このだるさの原因は、気圧が低くなると、血管が拡張し、血圧が低下したり、副交感神経が優位になって、胃腸以外の身体の活性が低下するため。

頭痛(とくに片頭痛)、喘息 、だるい、何となく不調といった症状が、あるようです。

対症療法的に精油を選択する、ということも考えられますが、 血管拡張や自律神経の

不調を整える方向で選ぶこともおすすめです。


まず、血管を収縮させるものとして、 ローズマリー、ペパーミントなど。

自律神経を整えるものとして、ベルガモットなど柑橘系がおすすめです。

今日の私の不調には、ミント系は効果がありませんでしたが、ベルガモットはとても合っていたようです。



写真は、ベルガモット(ミカン科)と香りが似ていることから、ワイルドベルガモットとかベルガモットミントとよばれる、ヤグルマハッカです。

梅雨に入ってからというもの、自宅のハーブ畑でこの紫色の花が咲き誇っています。

 

 


magnolia

熊本市東区錦ヶ丘の アロマテラピーのお店です。 アロマやハーブなど 自然の力を活用して 日々の心身の疲れをケアする お手伝いをしています。 静かな住宅地の中で ゆったりとオープンしております。 お気軽にお立ち寄りくださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000